えっと、開催日前日のお知らせですが、明日から始まる企画展に参加します。

「俺という個性」展
男3匹無記名作品発表会
木村良 VS 鈴木昭一郎 VS 麻生日出貴
無謀あるいは無意味?自分という個性を極力排除した絵画を男3人がそれぞれ制作。
それらの絵画の中に果たして個性は創出するのかを検証します。
2014.12.16(火) 〜 12.25(木) *月曜日は定休日です。
会場art room Enoma
仙台市青葉区一番町1-5-31大友ビル2F
022-721-2181(美術カフェピクニカ)
  12:00〜20:00(土日〜18:00)


「俺という個性」って、なんか凄いタイトルですが(笑)、
ピクニカ主催で今回の展示の参加者でもある木村さんから依頼を受けたときの説明では、
「自分ではあり得ない作品」という条件でした。
そしてその作品を無記名で展示してそれでも個性がでるのだろうか、という企画とのことでした。
サイズはF10号(53.0×45.5cm)で1人4点とのこと。
*実際は今日搬入したら僕以外いろんなサイズがありました!(笑)

「自分ではあり得ない作品」といわれても全然ピンとこなくて(笑)
しかも先月末に依頼されて時間があまりないのだけど、
いつもお世話になってる木村さんのお誘いだしと思って、あまり深く考えずにとりあえず、
「やります!」といって参加することになったのでした(笑)
(今画家として活動しているのは木村さんのおかげでもあるのです!)


さていざ、「自分ではあり得ない作品」に取りかかろうとしても、本当にピンとこない(笑)
まずイメージができたら取りかかろうと思っていたら、
あっという間に搬入一週間前になってしまいました!

これはやばい!ってので慌ててとりあえず描こうとしたのですが、
慌ててるといつもの感じの延長になってしまうし、
かといっていつものように描くには時間が足りないし。。

でも、とにかく描き始めました。
もう評価とか関係なくせっかくだから自然に出てくるものを自由に描こうと決めて。
その中から次に向かう何かを見つけようと決めて。

それでも、癖というかいつもの感じで描いちゃうし、
そうすると時間がない!って焦るし。
焦ってらやめて気分転換してなり直し、
そんなこんなで時間ないというのに描いては消しを繰り返し、
昨日(14日)の夜に完成しました。

いやー今回の制作を通して普段どれだけ無意識に描いているのか、
無意識の中に今まで積み重ねてきたものが詰まってて、
それを元に描いているのかがよくわかりました。

「自分ではあり得ない作品」というものを通して、
これまで制作してきたものを確認し、
また新たに挑戦していこうと思いました。

素晴らしい機会を与えてくれた木村さんに感謝です。

作品のほうはいつもの作品の完成度的には充分ではないですが、
僕のまた違った一面をみてもらえたら嬉しいなと思います。

ま、無記名ですので僕のってわかればですが(笑)
わかるかなー、ま、多分すぐわかると思う、
「自分ではあり得ない作品」とはいっても僕なんで(笑)

今回の作品販売もしています。
実験的なものということでこの大きさ(53.0×45.5cm)としては破格の、
1枚28,000円です。
僕の作品ってわかっていいなと思ったらぜひ!!

月曜日の定休日をはさんで25日のクリスマス(!)まで開催しております。
街へのお買い物のついでにでもどうぞお寄りください。
ご来場お待ちしています^^





まだ全部の作品が揃ってませんが、展示風景です。



こちらが木村さん!!










 


comment









trackback

| /PAGES |