25日でエノマで開催されていました、「俺という個性」展終了しました。
寒いなかご来場いただいたみなさん、どうもありがとうございました。

今回は無記名作品発表会ということ、それと普段の作品とは違うものというテーマの展示でした。

ま、みればどれが自分の作品かわかったとは思いますが(笑)。

自分なりに、普段とは違うものに挑戦し、
なおかつ次になにか繋がりつつ自然に出てくるものを描こうと思って取り組みました。

いつもの僕の作品の特徴として、

色をたくさん重ねて色の表情をつくっていく、

線は使わずに”面”でモチーフを表現する、

というのがあるので、そうでないものを意識して考えました。


でも、なかなか思い浮かばない!!(笑)

ついつい色を重ねたくなっちゃうし、おでこを光らせたくなる!!(笑)

何度も何度も描いてはつぶし、を繰り返しました。

どれだけ自分の作風が自然に自分に染み付いているのかよーくわかりましたね。


で、最後にこうなりました。











全てF10号(53.0×45.5mm)です。

結局、”創り込まない”ってところであまり考えずに柔らかい線で一気に描き上げました。
バックも何度も描いたものをつぶしているので、偶然なムラができていて、
それをそのまま使いました。

偶然できたものをそのまま残すって普段しないので、
なんか怖かったです。

しかもあまり描き込まないというのもちょっと怖かったのですが、
これでいく!って決めたら新鮮で楽しく出来ました。

あと、具体的には普段描いたことのない歯を描くとかも新鮮でした(笑)


今回の新鮮な気持ちがどのように次に繋がっていくのか自分で楽しみです。




貴重な機会を与えてくれた出展者でもあるピクニカの木村さん、
そしてもう1人の出品者の昭一郎君、
どうもありがとうございました。





 


comment









trackback

| /PAGES |