仙台で油絵を描いている麻生日出貴 (ASOUHIDEKI)のブログです。
オリジナル油絵作品紹介、大好評オーダーメイド油絵の作品紹介、展示情報、日常の日記などのせてます。
油絵作品やオーダーメイド何ど詳しくはホームページをご覧ください。




昨日のブログで、

オーダー作品の場合、
依頼主様のイメージがあります。
それを僕が絵にします。
そしてその絵をみて依頼主様が思っていたイメージがより深まったり、拡がったり、
新たな何かに気付いたりする、そうゆうものだと僕は思っています。

そして依頼主様の心がより豊かになり自信をもって人生を歩んでいけるようになっていくことを
信じて僕は描いています。


なんてことを書きました。

でもね、オーダー油絵を始めた当初からそんなことを意識していた訳ではないのです。
無意識ではそう思っていたと思いますが、
自分のやってることを意識できてきたのは本当に最近です。
当初はともかく自分がしっくりくるまで描く、それだけでした。
ま、意識するしないに関わらず、ここは変わなないのですがね。

そもそも自分の画風からオーダーメイドを頼まれるようになるとじゃ思ってもみませんでした。
だっていわゆるリアルな絵とは違いますからね。

その当時、僕の感性に何かを感じてオーダーを頼んでいただいた方には
本当に感謝です。

今日ご紹介するオーダーメイド作品はその頃、まだオーダーの依頼を募集してないけど、
少しづつ頼んでくれる人が表れてきた頃の作品です。





両方とも 227×227mm oil on canvas 2008

僕の愛犬の散歩で知り合った犬友達に頼んでいただいた2枚です。
その犬友達の愛犬のシーズーの桃太郎と、その飼い主をそれぞれ描かせていただきました。

オーダーの内容としては、両方とも全身を入れてほしい、
構図、色などはお任せということでした。

犬が生きてるうちはご自分が犬を見守る、
犬が亡くなったら、天国から自分を見守ってもらうために、
2枚を並べる左右を入れ替えて飾るつもり、
というお話も聞かせていただきました。
(見守るのが左右どっちだったかは忘れてしまいましたが、、)

それとアルバム10冊ほどのたくさんの写真を預かりました。

自分と愛犬を絵にすることへの”想い”を感じました。


犬のほうですが、実際によく会っているので自分なりにイメージして、
”明るいグリーン”にしました。
男の子なんですがとっても優しい子なんです。
そして飼い主がとても愛情をかけているのが伝わってました。

飼い主のほうは音楽を仕事にしていて繊細さと大胆な感じを併せ持ったような方でした。
それでいて実は子供っぽい可愛いところも持ち合わせているようなそんな印象を持ってました。
なので、普段僕の絵ではあまり使わない”黒”をバックにしてみました。

描いていてとても苦労したのは、飼い主のかたの”顔”でした。
初めて実際の人物をオーダーで描いたのですが、
本人に似せようとすると変にリアルになって僕の絵と合わないし、
どうやって本人の雰囲気を出しつつ僕の画風に合わせようか、
何度も何度も描き直しました。

どうしても目の形とか本人と同じようにして似せようとしてしまうんですよね。
でもそうすると僕の画風じゃないし。。

最終的に試しに犬の目と同じにしてみました。
そしたらピタッ!とはまりましたね!!


あーこれでいいんだって!!

この経験のおかげで実際の人物を描くときの、
似顔絵じゃない僕なりの人を描きときのイメージができました。


この後今に至るまでいくつもの人物を描かせていただいていますが、
僕の人物を描くときのスタイルを創らせていただいた、
この絵の依頼主様にはもう本当に感謝です。

このようにしていろいろなものを描かせていただきながら、
自分も成長していってるんだなとしみじみ思いますね。


作品が出来上がって犬友達のみんなの前でお披露目したのですが、
周りからは可愛すぎる!!(犬じゃなくて飼い主の絵のほう)って声が上がりましたが(笑)、
本人には満足してもらえました。
実は僕も本人から”可愛すぎるよ!”っていわれるかなとちょっと心配してたんですが、
きっと自分でもそうゆう自分の本質を知ってるんですね。
だから僕に絵を描いてもらおうと思ったんですよね。

僕なりに彼女の本質を描くことができたのかなと思えて自信になりました。
そして表面的なものじゃなくて自分なりに”本質”を描いていこうとそのときに決めました。
そう思わせてくれた依頼主様に感謝です。

最近会ってないけど元気かなー。


本日もお読みいただきありがとうございました。
また次回もお楽しみニー!!




油絵のオーダーメイドのご依頼お待ちしています。
詳しくは僕のホームページをご覧ください。
http://asouhideki.com/
メールやお電話でもお問い合わせもお気軽にどうぞ
info@@asouhideki.com
(@をひとつ消してくださいね。)
080-5569-3428















 


comment









trackback

| /PAGES |