仙台で油絵を描いている麻生日出貴 (ASOUHIDEKI)のブログです。
オリジナル油絵作品紹介、大好評オーダーメイド油絵の作品紹介、展示情報、日常の日記などのせてます。
油絵作品やオーダーメイド何ど詳しくはホームページをご覧ください。
 


先日、初個展から今年で10年という記事を書きました。

書いた後に10年前と今とじゃ変わったことがいろいろあるなーと考えてました。

私生活!は置いといて(笑)、いろいろあるなかで、
変わった!ってまず浮かんだのは筆!!
そう、油絵を描くのに使う筆です。

絵の感じが変わるのに連れて使う筆もまるっきり変わってきました。




左が以前使っていた筆、右が現在使っている筆です。




こちらが以前主に使っていた筆で、
ブタの毛でできています。
ブタの固い毛でつくられていて、油絵で使用する定番の筆で、
油絵を始めたときに購入した初心者用の油絵セットに入ってる筆は全部これでした。
いわゆる油絵らしいゴツゴツした感じに塗るのに適してます。



この絵は僕が中学のときに油絵教室に通って初めて描いた油絵です。
(先日実家にいったら飾ってありました。)
もちろん全部ブタ毛の筆で描かれてます。
ザ・油絵でしょ(笑)

それから、高校、美術予備校、大学と、ずっと僕はほとんどブタ毛一筋でした。


この頃は力強い、ゴツゴツした絵が好きだったんです。
筆のタッチが残ったりとか絵の具の厚塗りとか大好きでした!!
ブタ毛の筆の塗るときの手応えも大好きでした。



これは大学時代の作品。
(これもまた実家に飾ってあった。ありがとう母ちゃん!)

さすがにこの頃は柔らかい毛の筆も使ってみたけど、
やはり自分にはブタ毛が合うと思っていて他は考えられなかったな。



これは初個展に出品した「I never move」(P3号)という作品。
本格的に作家活動を始めたこの頃からブタ毛の筆がどんどん増えていきました。
多分2、30本、いやもっとかな。


それが、



これが初個展の半年後の2回目の個展の作品。
(「over」 333×333mm 2005)



さらに半年後の作品。
(「in bule 」1000×803mm 2006 ¥550,000)

と画風が柔らかく変わっていくうちにブタ毛の筆では違和感を覚え始め、
ちょっとづつ柔らかい毛の筆が増えてきました。


そして、気付いたら、



こんなふうに柔らかい毛の筆が今はほとんどを占めるようになりました。





主に使っているのはこちらの筆で、馬の足の毛とブタ毛が少し混ざっているもの。
いろいろ使ってみましたが、これがブタ毛が混ざっていて程よく
塗るときの手応えも残っていて愛用しています。





大きな筆はタヌキの毛の筆を使ってます。





長年愛用のブタ毛の筆は細いサイズのものを数本使ってます。



昔はブタ毛の固い先のまとまった筆で絵の具をガンガン、キャンバスにのせていたのに、
今ではやわらかい先の拡がった筆で、
絵の具を薄く塗り重ねるようになりました。
たぶん、化粧するときに頬を塗っていく感じと近いんじゃないかな。

ブタ毛の筆は最初の下描きと最後に輪郭をつけるときに使用してて、
他はほとんど柔らかい筆を使ってます。

昔の自分が知ったら驚くだろうなー(笑)
それだけ大変化でした!!
 
とはいえ、”自然”にと書きましたが、
大変化したのは、あるときから画家として生きようと思って、
”自分の絵”というものを真剣に創り出そうとしたからだと思います。

そうしたら気付いたら大きく変わっていました。

真剣に望むと
変化するのが自然に変化していくものなのかもしれませんね。


自分の内面も筆のようにわかりやすくないけど、
なにか変わってきているんだと思います。
(思いつくところもあるし、まだ意識できてないところもあると思います。)

真剣に望めば、内面も変化するのが自然なのかもしれませんね。
変わってないと感じるところがあるなら、それが必要か必要じゃないのか、
よくみてみてもいいのかもしれないな、なんて思ってみました。


この先、10年後、自分の絵が、道具が、自分の内面がどうなってるのでしょうか。
ブタ毛の筆を使っていたときのように今は全然想像できませんが、
そのときのなりたい自分を意識して毎日を積み重ねていけば、
自然に変化しているんでしょうね。
案外と10年後、凄い変わってるかも知れません。
ま、楽しみにしておきます^^


今日も読んでいただきありがとうございました!!



オリジナル作品の販売しております。
また、油絵のオーダーメイドのご依頼お待ちしています。
詳しくは僕のホームページをご覧ください。
http://asouhideki.com/
メールやお電話でもお問い合わせもお気軽にどうぞ
info@@asouhideki.com
(@をひとつ消してくださいね。)
080-5569-3428







 


comment









trackback

| /PAGES |